第一回研究会プログラム (2009年2月24日開催)

 講演タイトル 講 演 者  所 属
10:00 - 10:05 あいさつ 川端 節彌 高エネルギー加速器研究機構
10:05 - 10:15 はじめに 渡部 善隆九州大学
10:15 - 11:00 PC・WS 用の多倍長計算環境の開発とその利用法 藤原 宏志京都大学
11:00 - 11:45 異常磁気能率の計算に多倍長精度計算が必要な理由 仁尾真紀子理化学研究所
11:45 - 12:15 量子化学計算における多倍長精度計算の必要性 小原 繁北海道教育大学
12:15 - 13:30 昼食  
13:30 - 14:15 多倍長計算による悪条件な最 適PWM問題の数値計算 矢谷 健一京都大学
14:15 - 15:00 浮動小数点演算のerror-free変換とその応用 荻田 武史東京女子大学
15:00 - 15:15 休憩  
15:15 - 16:00 MBLASとMLAPACK;多倍長精度版のBLAS/LAPACKの作成 中田 真秀理化学研究所
16:00 - 16:45 無限精度数値計算の開発と応用 今井 仁司 徳島大学
16:45 - 17:15 自由議論  


戻る (to Japanese top page)